花田欣也の旅するトンネル画像や場所に行き方!マツコの知らない世界

トンネル探検家花田欣也 エンタメウォッチ

8月20日放送の「マツコの知らない世界」」では35年間トンネルを巡り続ける花田欣也(はなだきんや)さんが「美しいトンネル」を紹介するそうです。

「千と千尋の神隠し」を思い出させる「神秘的なトンネル巡り」が新しいブームとしてジワジワ来そうな感じがします。

「打ち捨てられた廃線」などに多く見られる「トンネル」は「千と千尋の神隠し」のようにちょっと離れた場所が多いです。

この記事では「おすすめのインスタ映えトンネル」とトンネルの場所、行き方などをまとめました。

スポンサーリンク

トンネル探究家の花田欣也

トンネル探究家・花田欣也氏 提供:花田欣也氏

プロフィール

トンネル探究家

  • 1961年東京都出身
  • 旅行会社に勤務中、マレーシア、沖縄などで駐在経験を積む。
  • ライフワークとして鉄道好き
  • 1995年にJR全線を全て回った
  • ジオラマ制作でも鉄道模型専門誌でのコンペ受賞多数
  • トンネル歩きで全国各地を訪れ「トンネル探求家」となる

やはり「トンネル探求家」になるまでも道のりとして「旅行が好き、鉄道が好き、トンネルが好き」と言う流れがあったんですね。

幼いころから押し入れに入るのが好きだった。大学を出てJTBに入社。30歳のころ添乗先でキリシタン墓地の先の獣道に入ると、トンネルの暗い口が待ち構えていた。ゾクゾクする衝撃を受け、探究を重ねる。

そんな「撮り鉄トンネル探求家」の花田さんは本も出版されています。

スポンサーリンク

インスタ映え「トンネル」

静岡県の宇津ノ谷(うつのや)明治トンネルと巖井寺(がんしょうじ)トンネルは、ともに明治時代のもの。

レンガの美しさ、カンテラ風のライト等、レトロな魅力でいっぱい!

宇津ノ谷明治トンネル

宇津ノ谷(うつのや)明治トンネル。

こちらは「インスタ」にも幻想的な写真をあげてる人がチラホラ。。。とはいえまだまだ「インスタ映え」スポットとしては穴場!

住所:〒421-0105 静岡県静岡市駿河区宇津ノ谷

夏焼第二隧道

夏焼第二隧道(なつやけだいにずいどう)は静岡県浜松市天竜区水窪長大嵐の、静岡県道288号大嵐佐久間線にあるトンネルです。

国鉄飯田線の「電車トンネル」だったのが、1955年(昭和30年)11月1日に佐久間ダムの建設により、道路用に転用されています。

そのせいか?照明が少なく中は薄暗いそうです。

しかも「鉄道用」から「道路用」になった時の「掘り直し」の跡がみられるという面白いトンネルです。

https://pcitorn-nitikaku.sakura.ne.jp

なんと横穴もあるそうですが。。。少し不気味かもしれませんね。

https://pcitorn-nitikaku.sakura.ne.jp

清津峡渓谷トンネル

このトンネルは、観賞用に復活させただけあって、アクセスや周辺施設も整っているので、トンネル巡り初心者でも行きやすそうですね。

昭和63年の落石以来、閉鎖されていた清津峡渓谷。

雄大な清津峡の大自然をより安全に、より安心して鑑賞していただけるよう、
1996年10月に「清津峡渓谷トンネル」 が誕生しました。全長は750m。

3ヶ所の見晴所とトンネルの終点となるパノラマステーションからは、
素晴らしい渓谷美を堪能することができます。

引用元:https://nakasato-kiyotsu.com/tunnel/

住所:〒949-8433 新潟県十日町市小出癸2126

旧北陸線トンネル群

こちらは3市町にまたがる「旧北陸線」のトンネル群です。

https://kitabiwako.jp/spot/spot_42017
https://kitabiwako.jp/spot/spot_42017

苔むした感じが「千と千尋」感満載のフォトジェニックなトンネルがたくさんあります。

https://www2.pref.fukui.jp/press

こちらのトンネル群は、各トンネルの特徴などをまとめた「カード」を配布しているそうです。

ただし「令和2年3月末まで、各場所400枚配布限定!」なので、欲しい方はお早めにどうぞ

こちらのリンクから、詳しい「配布場所」を探せます。

長浜市、敦賀市、南越前町の3市町にまたがる「旧北陸線トンネル群」がカードになりました!

カードには各トンネルの特徴が記載されており、トンネルや鉄道遺産に関心がある方々はもちろん、

関心のない方々にも興味を持ってもらえるカードとなっています。

引用元:https://kitabiwako.jp/spot/spot_42017

巌井寺トンネル

静岡県道38号の旧道に残る巌井寺(がんしょうじ)隧道(すいどう)です。隧道(すいどう)ってトンネルの「日本名」だそうですよ!レトロ〜!

こちらはインスタではあんまりアップされてないので、狙い目かもしれません。

住所:〒436-0014 静岡県掛川市岩井寺 岩井寺隧道

巌井寺隧道@掛川市

長浜の旧賤ヶ岳トンネル

サイクリストさんに人気の旧賤ヶ岳トンネルは「琵琶湖一周自転車レンタル」のコースの途中にあるみたいです。

自動車で行くより「レンタルサイクル」で行くのがおすすめかもしれません。

小刀根トンネル

福井県敦賀(つるが)市にある小刀根(ことね)トンネル。

1881年に北陸本線のトンネルとして建設されました。

当時の姿を留める鉄道トンネルとしては日本最古のようです。

住所:〒914-0313, 刀根 敦賀市 福井県 914-0313

天城峠・旧天城トンネル

上のトンネルに加えて「トンネル好き」に人気なスポットをもう一つ。

「伊豆の踊り子」の舞台になった天城峠(あまぎとうげ)二つトンネルがあるのですが、こちらは「旧トンネル」の天城山隧道(あまぎさんずいどう)です。

住所:〒410-3206  静岡県伊豆市湯ヶ島

https://www.pixpot.net/view_spots/spot/514/amagi-toge-izu/

現在交通の手段としては新天城トンネル(国道414号・1970年完成)が使われており、旧道・旧天城トンネルは主に観光地として利用されています。
「伊豆の踊り子(川端康成)」に出てくるのがこの旧天城峠です。

入り口・トンネルの内部まで石造りなので重厚感がありレトロな雰囲気を醸し出しています。日中はさほどでもないですが薄暗い時間帯は怖いかもしれません。

引用元:https://www.pixpot.net/view_spots/spot/514/amagi-toge-izu/

まとめ

トンネルといえば心霊スポットというイメージでしたが「千と千尋の神隠し」のトンネルのような幻想的な写真が撮れると人気です。

  • 宇津ノ谷明治トンネル
  • 巌井寺トンネル
  • 旧賤ヶ岳トンネル
  • 小刀根トンネル
  • 天城峠・旧天城トンネル

この夏涼しい森の新しい「インスタ映え」写真を撮りに出かけてみるのもいいかも。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました