上高地で観光バスと乗用車が衝突の原因は?旅行会社はどこ?

上高地バス事故 ニュースウォッチ

こんちにちわ!ぐるっとです。

今日のニュースで「長野•松本で観光バスと軽乗用車が衝突事故」とやっていました。

観光バスの乗客は軽少とのことですが、軽乗用車を運転していた金岡新太郎さん(56)が、胸を強打した後、病院で死亡し、妻の滋子さん(50)も大けがを負ったとのことです。

現場の状況や、事故原因、観光バスを運営していた旅行会社や、乗客について調べてみました。

スポンサーリンク

現場状況と事故原因

事故が起きたのは7月13日午後12時05分でした。

長野県松本市の国道158号で観光バスと乗用車が正面衝突し、乗用車の運転手50代は意識不明の重体、助手席の50代の女性も重体だそうです。

観光バスに乗っていた19名が首の痛みなどの訴えで、病院にかかっているようです。

事故の場所

事故現場は「長野市松本」の国道158号線の「島々神社」付近とされています。

事故が起きたのは三連休の初日であり、事故の起きた時間は昼すぎ、道路状況は込み合っていたと思われます。

ツイッター情報や、グーグルストリートビューでみても、かなり狭くて木立にはさまれ、非常に見通しがわるい道路のようです。

引用元:グーグルストリートビュー

観光バスに乗り合わせていた乗客のインタビューでは「対向車がセンターラインを超えたのが見えておかしいなと思ったらぶつかった」と言っていました。

乗用車と観光バスが正面衝突 21人搬送うち1人重体(19/07/13)
引用元:ANN

現在警察が詳しい事故状況をしらべていますが、事故現場の道路状況や証言からすると「軽自動車」の運転手が反対車線にはみでた可能性がありそうです。

スポンサーリンク

旅行日程はどうなった?

観光バスを運行していたのは「月島観光」で、本日の朝「ひたちなか市」で乗客40名ほどを乗せ、上高地や高山へ向かう途中だったようです。

乗客のうち19名は、打撲などの「軽症」で病院に向かいましたが、残りの訴えの無い乗客はひきつづき旅行を続ける予定だそうです。

国道158号は大渋滞

乗用車との衝突で、19名の軽傷者を出した「観光ツアー」のみなさまのたいへんだったと思いますが、連休初日の昼に起きた事故で、狭い山道は大渋滞でした。

上高地や高山へ行く道は非常に限られているので、この時期は「大型観光バス」も配送トラックも行き交う158号線は運転めちゃくちゃ怖いです

だらだらと登ってる車を、追い越して行く様子も良く見られました。

松本から高山に抜けるのに「4時間コース」しかも、あの狭い山道で、サービスエリアなどもない。。。

今回の事故は、起きたタイミングも「7月半ばの三連休初日」と、上高地や高山が大人気のシーズン始めだけに、事故の影響も大きそうです。

軽自動車の運転手の方の容態も心配ですが、これによって日程を狂わされた方々が、また焦って運転したりして、次なる事故を起こさないよう願っております。

みなさま、ぜひ安全運転で!

引用元:FNN

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました