日本に戻っても英語を忘れない方法【初級編】

日本生活体験記

こんにちわ!ぐるっとです。

今日は「日本に戻った時に英語力をキープする」のお話です。

「英語が話せます」とか「カナダに住んでいました」というと

「どのくらいで話せるようになりましたか?」「英語は忘れませんか?」と聞かれます。

結論としては。。「わすれません」ただ一つの「理由」を除けば。。。

という事で「初級」レベルの人が英語を忘れないためにやるべき事をお話しします。

スポンサーリンク

文法を学び直す

ほかの記事では「ワーホリは遊び倒した方が勝ち!」「図書館で勉強するな!」とお伝えしたとおもいます。

ですが一年のワーホリが明けて、日本に帰国したらまずやるべき事は「文法を叩き込む」です。

もちろん「TOEICで文法満点だから♫」という人はさっさと「中級編」に行ってくださいねw

あくまで「日常的な会話をプレッシャーなく楽しめるレベル」を「初級」としてます。

カタコト英語は不安定

「勉強するな、遊べ!」と言ったのは、英語学習は「子供に返る」プロセスと考えていたから。

文法も単語も受験英語で叩き込んだのに、でてこないなんて変じゃないですか?

それは圧倒的に「インプットアウトプット」だったためだと考えました。

「簡単なコトバをシンプルに話す」という「コドモが親の真似をする」ように話して行く事で徐々に複雑な文章を作れるようになって行く。

日本語も最初はそうやって覚えていったはずです。

わたしたちも小学校に入ると「国語」という授業で「日本語」を学び直しますよね?

いつまでも「赤ちゃん言葉」では不安定なんです。

次のステージに行けない

文字が読めない「赤ちゃん」は最初「耳から聞いた事をおうむ返し」して言葉を覚えます。

でも、人間がもっとも情報を得るのは「視覚」だからこそ、

圧倒的な量の情報は「読み書き」で行われています。

日本語が理解できて、話せても「漢字」が読めないと小学校卒業できません。

英語も「つづり」が読めて、書けないと「次のステージ」に行けないんです。

学校の英語の勉強はつまらなかった人でも「英語で現地の人と話せた!」という楽しさを経験すると、そのあと「文法の勉強」はずっと楽しいのでご安心ください。

「話せる」という実績をつくった後は、レベルアップみたいな気分でチャレンジできますよ。

スポンサーリンク

資格試験にチャレンジする

モチベーションを保つ

日常生活を過ごすだけで、常に英語にさらされて、経験値が上がって行く留学生活と違って、日本に帰ったら周りは日本語で、意識しないと刺激がありません。

やはり人は「目標」がないと、楽なほうに流れて行ってしまいます。

せっかく一年間自分に「ワーホリ」という「自己投資」をしたのですから、楽しい記憶と達成感が残っているうちに、日本生活に馴染んでだれる前に自分にチャレンジを設定しましょう。

自分のレベルを理解する

特に「資格」を必要としていなくても、どのくらい自分が成長したか知る為に受けておくのをおススメします。

自分の「伸びていない所」を改めて確認する事で今後の対策も考えやすいからです。

わたしは本当に「受験勉強」がいやで、テスト付くものに対して「対策」するのが嫌いでしょうがなかったのでTOEICを受験したのは「ワーホリ」あとが最後なのです。

英語がしゃべれるようになりたかったのも、本気で「世界中に友達つくる」的発想だったのですが、いつまでも英語”赤ちゃん”レベルだと赤ちゃんとしてみられますからね。。。

派遣会社にバイトを登録したときも「ワーホリ行ってきました!」だと見向きもされませんでしたが「920点」で登録し直したら営業の連絡がガンガン来ました。

リスニング時間を増やす

聴覚に結びついた記憶を刺激

「視覚情報が優位」とは書きましたが、例えば圧倒的に少なくなった「英語刺激」量を上げて行くには「リスニング」がおすすめです。

それは「視覚」についで「聴覚」は「記憶」にかかわる「感覚」だからです。

とくに現地に居た時に「聞いた」英語は、会話の場面など「リアルな体験」に関連しています。

だから、その記憶が新しいうちは「聞き慣れたフレーズ」を耳にすると、それを聞いた情景までセットで思い浮かび、体験した「感情」も生々しいです。

音声録音や映画、テレビなどの「個人的」ではない体験よりも、自分のとって特別な気持ちを思い出させる「音」というのは記憶に残りやすいため、そこを刺激するのは効果的です。

現地にいた環境をつくる

「読み書き」だと、それだけに集中していないといけないので、ほかの作業をしながらというのは難しいです。

でも「リスニング」は通勤電車内だろうと、料理をしていようと、スマホいじってようと「耳だけ貸す」のは出来るから。

もちろん毎日「集中して英語に向かう」時間も必要ですが、スキマ時間でも英語刺激を受けるためにヒマがあったら「英語を流す」のが大事です。

スポンサーリンク

おわりに

ワーホリでは「コドモに返って感覚的」に英語を学べたからこそ、日本と言う日常に返って来て、それをわすれずに、逆に活かして行く事が大事です。

  1. 文法を学び直す
    1. 赤ちゃんも小学校に行ったら国語をならう!
    2. 話せるようになった後の文法はより複雑なことを学ぶため
  2. 資格試験にチャレンジする
    1. やる気と記憶が残っているうちに「目標」をたてる
    2. 自分のレベルを理解し、弱点を知る事で「対策」をたてる
  3. リスニング時間を増やす
    1. 聴覚刺激で「個人的な体験記憶」を思い出す
    2. スキマ時間を有効活用して「英語環境」をつくる

ちなみに最初に書いた「英語を帰国後忘れてしまうたった一つの理由」

それは「語学留学を”思い出”にする」ことです!

「あー楽しかった♫」で終わらないために、次の「帰国後〜中級編」もおススメします!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました