ニューヨーク停電の原因と範囲は?被害はどのくらい?

ニューヨーク停電範囲と被害 ニュースウォッチ

こんにちわ!ぐるっとです。

今日のニュースで「ニューヨーク5時間停電でミュージカル中止!」とあって、ビックリしました。

土曜日の夜の18:30となると、ちょうど週末のにぎわってるときですよね?

ブロードウェーのミュージカルの公演も中止になったということで、人が集中するエリアが停電の範囲だったかと思います。

今回の停電の原因や、範囲がどのくらいだったのか、被害がどの程度なのか、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

停電の原因

電力会社によると、原因は「機器の不具合」ということで、変圧器からの火災ではないかとみられています

 Con Edison said the equipment failures apparently stemmed from a substation on West 49th Street between 11th and 12th avenues in Hell’s Kitchen.  

引用元:ny.curbed.com

“コン•エジソン(電力会社)によると、機器不全は「ヘルズキッチン」のウェスト49通り、11番から12番アヴェニューにある変電所由来とみられる”

NY中心部で大規模停電 変圧器などの火災が原因か(19/07/14)

とはいえ、こういった大規模な停電などがあると「テロか?!」などと、何かの陰謀によるもの。。。と言い出す人がいる訳ですが。。(当局は否定してます!)

とくに「7月14日」は「42年」前の同じ日に「ニューヨーク停電」が起きており、奇妙な一致についてツイッターで話題になっています。

ニューヨーク市の広告塔には「1977年の今日、ウェストチェスターに落ちた雷によって、ニューヨーク市のほぼ全域が停電した」とあり「記念日」まるで扱い!

陰謀でも「記念日」でも無いことは確かですが、2003年にも「大停電」を起こしているこのエリア、被害状況は今回どんな感じでしょうか?

スポンサーリンク

停電のエリア

場所としては、5番街からハドソンリバーまでと、72番通りからウェスト40番台の範囲だそうです。。。といってもよく判らないので、以下がエリアマップ。

引用元:heavy.com

わたしが知ってる範囲だと「ブルックリン」「ブロンクス」なども入ってますね。

マンハッタンでも繁華街のエリアで、土曜日ということで「けが人などの報告は無い」そうですが、ミュージカルのキャンセルがありや電車も止まっていました。

週末夜のビジネス被害は、大きいでしょうね。

被害の状況

停電のせいで、タイムズスクエアのディスプレー広告が消えたり、地下鉄が止まって、信号が消えていました。

実際に停電していたのは5時間ということですが。。。7万3千世帯が影響を受け、レストランなどの店も営業できなかったわけですよね。

1977年:ウェストチェスターの雷雨による停電

被害総額は、直接被害と二次被害あわせて$300million(300億円)この時は建物が火災にあったりなど、日常生活に戻るのが大変だったため。

2003年:北アメリカ大停電

原因は送電管理システムがダウンした上、送電線が切断(木が倒れたから)など、複数が重なり、ニューヨークだけでなく、カナダのオンタリオまで停電拡大。

今回は5時間の停電だったが、この時は25時間も停電していた

被害総額は60億ドル(7000億円)と桁違いなのは、影響がアメリカとカナダを合わせて5000万人と多く、株式取引や航空会社など被害も大きかったため。

毎時間ごとに「36億円」の損失がでて、食品の廃棄額だけでも「250億円」くらいいったとか。。。。

これと比べると、今回は被害人数も7万3千人で、時間も5時間だったことから、土曜日の停電とはいえ、被害総額はさほどでなないでしょう。

スポンサーリンク

おわりに

今回調べてみて、ニューヨークや北アメリカで、今日の大停電が「小ちゃく」みえるくらいの大きな停電が50年以内に2回もあったことがわかりました。

ニューヨークと言えば「東京」みたいなものだと思ってたので、すごく驚き!

東京で停電になったのは「東日本大震災」の時くらいですよね?

これだけの人口密度で、経済活動があって、まったく停電がないとは。。。

あらためて「日本の電気会社すごいんじゃない?!」と思いました。

引用元:newsinfo.inquirer.net

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました