パウダー三昧!「カナディアンロッキー」で毎日スノーボードした感想まとめ

カナダ生活体験記

こんにちわ!ぐるっとです。

今日は「カナディアンロッキー三つエリア別紹介」のお話です。

スポンサーリンク

レイクルイーズ

とにかく山景色が最高

景色の良さは三つの山の中ではぴか一だと思います。

ちょうどレイクルイーズのトップからカナディアンロッキーの連なる山並みがみえるんです。

でも、そのせいもあってトップに近い上級者コースはかなり「ヤバい」角度です。

角度もヤバいですが「狭さ」もあるんで、そのせいか「上級スキーヤー」に好まれる様子。

一番オープンなワイドボウル(円形状にオープン)で圧雪しないところは、シーズン半ばには、大人の膝上くらいの高さまでのモーグルが形成されて、ボーダーは四苦八苦。

そういえば、友達のボーダーは「ルイーズ嫌だ」って言ってたのはそういうことですね。

オリンピックダウンヒルコース

圧雪しない木立や、オープンボウルを攻めるのも、難易度高めで面白いですが、ルイーズのもう一つの売りは「オリンピックダウンヒルコース」

わたしはちょっとスピード凶だったのか、レース系スキーヤーのパートナーと一緒にルイーズ通っているうちに、カーブも切らずに「直滑降」するようになってたお気に入りコース。

ちなみに「エッジもほぼ磨かない」ずぼらボーダーだったので、友達のボーダーにお前頭おかしい。。。っていわれましたね。

とくに、ルイーズはシーズン浅めのときは「人工雪」を圧雪するコースでふらせるので、凍結したら、完全にスケート場。

そういうところも「ボーダーよりスキーヤー向け」だったのかも。(もしやわざとか?!)

スポンサーリンク

サンシャインビレッジ

スキーヤーのカナディアンパートナーとつるむまでは、日本人にしろ、カナディアンにしろ「滑りに行く」といえば「サンシャインビレッジ」

自分の「ホームゲレンデ」って思ってたので、バンフに住み始めたファーストシーズンに「シーズンパス」欲しさにスキー場でバイトしたのはここでした。

ゆったり広がるワイドなコース

滑り出しが狭く、うまくカーブを切らないとつらい「レイクルイーズ」とは対照的に、リフトを降りてから全体的にすぐさま広がる設計のコースが多く、ボーダー向き。

ゆったりとカーブを切っても、ヒトと接する心配なくメロウな気分で、とにかくご機嫌になれる。

「ガンガン攻める」感じが「ルイーズ」の気分なら、適度に新雪ふった日の晴天の下、仲間とご機嫌に「サーフ」する感じが、やっぱりボーダーの真骨頂かなと。

全面天然雪

全体的に「ドカ雪」がふる確率が高いのも「サンシャインビレッジ」

そして、そのくせに「名前」のとおり「晴天率」が高い不思議さ。

降るときはガンと降って、スッキリ晴れるときは晴れるのが「サンシャイン」(ルイーズはつもらないくせに、なんか曇りがち?)

それもあって「人工雪」つかわないのが売りで、天然のディープパウダーを求めて、リゾート裏をハイクアップするボーダーの聖地ってかんじでした。

カナナスキス

日本人観光客には認知度低いけど、地元民にはとっても愛されてる「カナナスキス」

並列に並ぶちょうど良いコース

最大のおススメ理由は「綺麗に並んだロングすぎないコース」

「ルイーズ」は上から降りて来ると、慣れない人は小一時間かかる長いコースが多いです。

日本からボード仲間が来た時、連れて行ったら午前中2本でばてちゃいました。

膝がガクガクだったらしい。。。

「カナナスキス」は超ロングランよりも、ほどほどの長さ(短くはない)のコースがメインなので、日本のスキー場のコース長さに慣れてる人でもちょうどいい。

コースが入り組んでいて、山の裏側は別のエリアになっちゃうルイーズと違って、難易度によって違うコースを選んでも、みんな下で出会える設計。

レベル差があっても、別れ別れにならずに楽しめるのは「ファミリー」にも人気の理由です。

コストが安い

これは「カルガリー」から近く、時間とガソリンを節約できるのと、カナナスキス近辺の宿泊施設は「バンフ」よりもずっと安いからと、リフト代もお値打ちだからです。

ルイーズやサンシャインは「山」近くホテルに泊まると、めっちゃ高いし、バンフやキャンモアに宿を取ると、リゾートまで車で走る時間が結構あるので、そのロスがないのも◎

スポンサーリンク

おわりに

レイクルイーズ

超上級者向きの難易度の高いコースが好きな人、景色重視、スキーヤー向け

サンシャインビレッジ

天然パウダー好き、ゆったりワイドコース、ボーダー向け

カナナスキス

アクセス、コスパ良し、ファミリーレジャー向け

Photo by Johannes Waibel on Unsplash

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました