佐々岡真司新監督の痛風は現在?手術した膝は太りすぎが原因?若い頃の画像と比較

佐々岡真司新監督の痛風は現在?手術した膝は太りすぎが原因?若い頃の画像と比較 気になるひとウォッチ

4日に広島カープの佐々岡真司投手コーチが新監督に就任することが明らかになりました。

正式な発表は週明けになりそうですが「温和だけれど厳しさもある」という佐々岡真司新監督の人柄に期待が高まっています。

この記事では、少し心配な太り過ぎと言われる現在の体型と痛風の噂、膝の手術のことなどや、若い頃の画像と比較などをしてみました。

スポンサーリンク

佐々岡真司新監督現在の痛風の状態は?

あまりに太り過ぎが目立つせいと、太り過ぎから起きやすい「痛風」にかかっていると噂され「プリンネタ」でいじられていますね。

しかし実際のところ「痛風だ」というはっきりとした情報はみられません。

マウンドを歩く姿から、そのように「両足痛風」の噂になっているのではないかと思います。

「左の膝の手術をしたが、投手コーチとして選手交代の時などにマウンドに駆け込む機会が増えて右膝も痛くなってきた」と報道されていました。

確かに「痛風」は肥満の方に出やすい持病ではありますが、やはりあの歩き方は膝の術後がうまく回復できていないためかなと思いました。

本当は体重を減らすのが一番なのですが。。。。頑張って欲しいです!

ぼくは佐々岡コーチが現役の時から好きだったから、コーチで叩かれて悲しかった。 もし、監督になって叩かれても、現役の時の様にチームの為にどんな役割も引き受けてほしいです。 痛風でも信じてるよ。

スポンサーリンク

佐々岡真司新監督現在の手術した膝の状態は?

佐々岡真司新監督は昨シーズンオフに左膝の手術を受けたばかりです。

投手コーチとしては、投手交代や「ピンチ」の場面でマウンドに駆け寄る必要がありますが、どうも術後階段を上がるのもきつかったようです。

まだ左膝が安定していない中、投手も不安定で、しょっちゅうマウンドに駆け寄るシーンが見られて選手やスタッフも佐々岡監督の離脱すら心配していたとか。

昨オフに左膝の手術を受けている佐々岡真司投手コーチ(51)も慎重に階段を降りていた。ようやくダッグアウトにたどり着くと「問題は上りだな―」。この昇降が3日続くことに戦々恐々としていた。

しかし、蓋を開けてみれば、投手陣もなんとか安定して、佐々岡真司新監督の膝も壊れずにすみました。(おそらく)

監督業務の方が、どっしり座っていられると思うので今はそのほうが良いのかもしれませんね!

(看護師目線からすると、最終的にはどこかで体重を減らさないとまずいと思いますが。。。)

佐々岡真司新監督現在の太り過ぎと若い頃の画像を比較!

佐々岡監督就任のニュース、本当に「腹が出た」とか、太り過ぎを突っ込まれすぎていて、ファンにも相当気になるところなんですね。

確かに、立派なお腹をされていますが。。。

選手時代の画像と比べてみると。。

あ、これは。。。顔の大きさがこんなに違うということは、体の方はユニフォームに包まれていますが凄く違うでしょうね。

佐々岡真司新監督は、広島カープが優勝した1991年に、今の奥様とゴルフコンペであって、4年間の交際を経てご結婚されています。

お綺麗な奥様との結婚で「幸せ太り。。。。」だったのかもしれませんね。

とっても微笑ましいですけれどね!

スポンサーリンク

まとめ

カープファンとしては「悲喜こもごも」な佐々岡真司投手コーチが新監督に就任するというニュース。

佐々岡真司新監督の人柄にや、50年ぶりの元投手監督とあって投手のレベルアップが期待されてますね。

太り過ぎの噂に関しては、現役時代の昔写真をみると間違いなく。。。

痛風の噂は投手コーチとしてぎこちなく歩いている姿を見られたからのようです。

しかし太り過ぎが原因で膝の故障をしたことは、間違い無いと思うので、ぜひ監督になってベンチに座るようになっても少しダイエットはして欲しいな。。。

と看護師目線で、願っています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました