【ドッキリGP】釈由美子の演技がヤバイ!マンホール投げるぞと話題に!

釈由美子マンホールドッキリGP エンタメウォッチ

こんにちわ!ぐるっとです。

ツイッターのトレンド入りした「どっきりGP」で「悪女対決に巻き込まれて頼りなさげな男はどうする!」ドッキリでの釈由美子の演技が話題になってます。

そんな釈由美子さんたちを、止めに入ろうとする男性陣のオロオロっぷりも可愛いものでしたが。。。

その釈由美子さんの迫力ある演技のあまり「マンホール」投げるかも!とツイートされていたので、気になって元ネタを調べてみました。

スポンサーリンク

ドッキリGP釈由美子の役と演技は?

設定としては「共演NG女優がかち合わせした現場に居合わせる男優」というよくありそうな感じのネタです。

「佐藤仁美VS釈由美子」は「釈由美子」の方が「41歳」「佐藤仁美」が「39歳」なのが「ドッキリ」だったというツイートもありました。

たしかに。。。。

キャプテン釈!「マンホールで防御する姿」が「キャプテンアメリカ」だからってことですか!

美人が本気でキレ始めると、怖いものですね!

スポンサーリンク

釈由美子キレると「マンホール」ネタ元

「仮面ライダージオウ」の5月12日の回に「仮面ライダーキバ」編を放送。

その際に釈由美子さんは「復讐に燃える悪の女王様・北島祐子/アナザーキバ役」を演じたそうです。

攻撃にマンホールの蓋を使い
防御にマンホールの蓋を使い
マンホールの蓋を持参して結婚式場に乗り込み

と、異様なほどにマンホールを多用するキャラクターとして描かれていました。

意図が全く読めないキャラづけ&演出に多くの視聴者がカオスの渦に巻き込まれていき、ツイッターで「マンホール」がトレンド入りに。

これが今回の「ドッキリGP」で釈由美子の「キレる美人悪女」姿が「悪の女王様・アナザーキバ」を思い出させたということですね!

ボイメン小林くんがイケメンだった!

釈由美子さんの怖すぎるほどの演技が見ものだったとはいえ、掴み合いをする妙齢の美人二人の間に挟まって、二人を止めようと腕をつかんで抑えた「小林豊」

乙女キャラだと思ってたのにかっこいい!と評判でした。

スポンサーリンク

まとめ

どんなに怒っていても「綺麗な女の人」を傷つけるわけにいかない「男性」の困った立場が面白い「ドッキリGP」でした。

あまりの迫真の演技で釈由美子の過去キャラの「マンホール」ネタまで飛び出した「ドッキリGP」は大成功だったのではないでしょうか?

とりあえず、美人は怒った方が美しい説に、妙に納得したドッキリでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました