奪い愛、夏!【第一話】あらすじ・ネタバレ・相関図も!8月8日放送分

奪い愛夏第一話相関図 エンタメウォッチ

こんにちわ!ぐるっとです。

とうとう、始まりました「奪い愛、夏」第一話から、すっかりぶっ飛びです。

地上波の「奪いあい、冬」はドロドロの「三角関係」が注目されていました。

今回の「奪い愛、夏」はAbemaTVでの放送ということで、さらに濃厚なシーンが期待されていますね。

とりあえず「第一話」ということで、ざっくりと人物相関図と、ツッコミどころ満載の「あらすじ」をネタバレ(注意!)でまとめてみました。

スポンサーリンク

登場人物紹介

花園桜(はなぞのさくら)(水野美紀)

42歳の敏腕女社長「桜」の経営する「ラブネクスト」の年商はなんと100億円

40代(女性)向けのマッチングアプリを作ってる手前?イメージアップのために「そろそろ結婚しとかないと〜」という理由で1億円で結婚を提案。

「結婚ってそうやってするもの?!」と驚く「椿」に「じゃ結婚ってなに?」とびっくりした顔で返す「桜」

「恋愛して結婚しても離婚とかする夫婦たくさんいるじゃない?」

「私は恋愛したいけど、結婚には興味ないの」

と、以外に「恋愛=結婚」ではなく「恋愛と結婚は別腹」というはっきりとした「結婚観」「人生観」があるんですね。

桐山椿(きりやまつばき)(小池徹平)

そもそも「ラブネクスト」に中途採用されたのが「勤めていたゲーム会社が潰れたため」という、微妙に冴えない理由の「桐山椿」です。

桜の「結婚相手候補」としてリストに上がった時も「読者モデルの経験があって顔はいいです」と言われてただけだったり。。。

文書を保存し損ねて、あわあわしてる「杏(あんず)」の手にちゃっかり自分の手をそっと重ねつつ、復元してあげるナイスガイ。。自分の仕事しろよ的な。

ていうか「桜」から「1億円で結婚しなさい」と言われて「契約」を結んだのにも関わらず、いきなり第一話最後に「契約違反」するあたり。。。ダメ男では。。

「結婚は最低五年」なんだから、1億円で5年契約として年俸2000万なんだから、それくらい仕事意識持ってやったほうがいいと思うのですが?

「1億円をもらったことは決して口外しない」「夫を演じる」「浮気はなし」

三つとも破っちゃうんだな♫これが。。。そりゃ波乱になりますわ♫

空野杏(そらのあんず)(松本まりか)

椿と同じ広報部の「誰からも嫌われない純な子」設定。。。らしいんですが、これが実は「一番怖い女」だと噂も。。。

「杏」演じる「松本まりか」曰く、

杏は悲劇のヒロインでありながら、実は最も恐ろしい女だと思うんです(笑)。まともな顔をしていますが、彼女の周りは何故か狂人ばかりで。その答えが後半浮かび上がってきた時に、ゾッとしました。

引用元:ザテレビジョン

でも最初「椿」に押されてるくらいで一夜を過ごした次の日くらいの状態で、桜との結婚話が出た時の「取り乱しっぷり」がヤバイです。

あと「うちに来るのはダメ」って自分の家にあげないことが怪しい。。。

そして杏のマンションが桜のマンションと同じ建物なのがさらに怪しい

杏は一体どんな正体を隠してるのか?

土筆肇(つくしはじめ)(小手伸也)

桜の「社長秘書」である土筆(つくし)はは「名セリフキャラ」に早くもなりそうな予感。。。

名前からして「つくし」っていうだけあって、桜社長絶対!の忠誠心。

「桜社長にゴミ溜めの中から拾っていただいた」という彼の過去もそのうち明かされるのでしょうか?

そして彼が忠実なしもべなのは「ご褒美」が欲しいから、かもしれません。

「結婚相手おすすめリスト」を作成した彼のおすすめは「椿」ではなく「おすすめは。。。」と言いかけた「つくし」に飲んでいた水を吹きかける桜。

でも、こんな仕打ちにも。。。むしろ喜んでしまう土筆なのでした。

井川瞳(いがわひとみ)(田中みな実)

フリーアナウンサーでありながら女優として活躍の幅を広げている「田中みな実」

怪演で知られる桜役の「水野」に「この役はみな実ちゃんしかいない」と絶賛された「田中みな実」が演じる「瞳」は純粋な「杏」に対してミーハーな役所

椿が、二人がお弁当を食べているところを通りかかった時に、あんずを見て笑顔になった椿を見て「私を見て笑ったよね!」と言い切る瞳。

噂が好きで、おしゃべりなだけのおちゃらけキャラかと思いきや。。。

姜倫求(テジュ)

最後にメインキャラではなく、椿の後輩役の姜倫求

このキャラは絶対4角関係のために入れられたのではないかと予想してます!

何故ならば前作の「奪い愛、冬」は愛し合う二人の主人公は、どっちも結婚してるダブル不倫。。。今回がただのトライアングルでは終わらない気がします。

すでにこんな「虫眼鏡観察」してる人も。。。

テジュといえば「伝説の悩殺キスシーン」で話題になってました。

キスシーン、ラブシーンの多さにはキャスト一同驚いたといい、松本は「脚本を読んだときから多すぎじゃないかと。また展開が早すぎじゃないかと思いました。もうそんなことしちゃうの?と(笑)。杏も『まだ、ダメ』とか言いながらすぐ受け入れちゃう!」と自身の演じた杏の行動にツッコミ

引用元:アメーバタイムズ

そうなんですよね。。。第一話から「キスしちゃうし、やっちゃうし」

ちなみに「田中みな実」さんといえば現在放映中の「ルパンの娘」でもセクシーな姿で登場してますし。。。

「この地球上で、今までで一番のキスシーン」と言わせたテジュと、全身色気の田中みな実を「ただの脇役(ノーキスシーン)」で終わらせる?!

それはないでしょう!!!勿体無い!

スポンサーリンク

おわりに

第一回目から突っ込みどころ満載でした。

1億円で結婚することを同意しておきながら、第一話目で「あんず」に「お前のこと愛してるー」とか言って、1億円契約結婚のことバラしちゃう♫

杏は「なぜか家には絶対呼ばない」「桜と同じマンション」という怪しさ。

土筆の名前は、まさに「尽くし」で「ご褒美をください。。。」の後の「やっぱりこれか!」展開。

なぜか「キスシーンがうまい」系の俳優と女優を起用している「脇役」たち。。。そして台本は「キスシーンが多すぎるらしい」って誰のキスシーン?!

次回が楽しみになってきました!

引用 https://twitter.com/marika_2000/status/1159130476830842882

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました